忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、勉強を目的に近隣施設に友人一人を誘って赴いた。
 四時間ほど経って、突然現れた友人AとBが「焼肉したい焼肉したい」と五月蝿い。四日後にテストを控える身としては御免こうむりたい企画だが、いつのまにやら話が進み、二時間後、スーパーで肉を適当に買っている俺達がいた。
  
 網と少しの炭だけを持って、近所のキャンプ場へ訪れた。初めに共に勉強をしていた友人は一身上の都合により消え、代わりに部活帰りの中田氏氏と鶴氏を呼ぶ。
 時期も時期なのでキャンプ場に人の気配はなく(そもそも人気のない田舎のキャンプ場だし)、水のみ場のすぐ隣にレンガが無造作に放置されていたので、それらを適当に積み上げ炭火焼を始める。
080531_1926~01

 が、一向に火が定着してくれず、苦戦。うちわもないので、息ばかりを吹きかけ酸欠になる。
 一時間が経過し辺りがすっかり暗くなってきところに、B氏が家にガスバーナーを取りに帰る。

080531_2133~01
 これぞ文明の力。
 ガスバーナーで一気に着火。思わず感動。
 星一つない暗闇の中、テストを寸前に控えながらも僕達は楽しんだ。 
 酒もないし女もいないが、笑って過ごした。肉をつつき、語らいだ。
 青春だなぁと思った。
 青春だよな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/338-80b2c8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。