忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 保険の授業中のことである。
 
 身長百四十強、貧乳でロリの可愛らしい女子生徒がいる。
 身長百六十強、長身でスタイルの良い可愛らしい女子生徒がいる。
 彼は立て続けに、二人の美少女に、質問をした。

「Aさんは、前回の月経がいつだったか覚えている?」
「…………」
 ロリ娘Aちゃん、沈黙。
「Bさんは、前回の月経いつだったか覚えてる?」
「……わ、分かりません」
 スタイル抜群Bちゃん、赤面。



 教師として至極全うな質問をしたまでだと思うし、それを問うた生徒が二人共クラスのトップレベルの美人だったことも偶然なのだろう。そう、男性教諭は決して如何わしい想いや、ましてやセクシャルハラスメントの意図など微塵もなかったに違いない。
 ただ彼は、己の仕事を、教育を、全うしただけに過ぎないのだ。
 それに便乗し、即座に
「僕は昨日月経でした」
 と名乗り出たN君は、お茶目な自分を主張して人気をとろうなどという下心など無論毛頭なく、羞恥心を煽られた二人の美少女を和ませるための身を犠牲にしたジョークだったに違いないのだ。
 
 ああ、なんて人って美しいんだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/336-b0f43a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。