忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)
(2008/04)
小路 幸也

商品詳細を見る
明るく、楽しく、懐かしく。平成下町大家族小説
東京下町で古書店を営む堀田さん家は、今は珍しき8人の大家族。それも各自各様の超個性派ばかり。ご近所の不思議な人々が加わり、日々事件が巻き起こる。今日は一体何が始まる? (解説/百々典孝)

 大家族と、その近所住民の古き良き時代を思わせる暖かな関係が面白い(いつかの昼ドラを思い出した)。その関係が魅力的に思えるものだから、読み進めるのも苦がない。
 ただ登場人物が多いこともあって、未だスポットライトが当たらない人物も多数おり、個性が見当たらないキャラクタも少々。また四季にあわせて、一家に降りかかる事件を自ら解決してゆく、という形で物語が進むわけだけど、展開が少々読め易く、また事件解決のキーを握る人物の登場やスキルが極端に思えて、少々ご都合主義を感じたり感じなかったり。
 それでも、続刊が文庫化され次第、僕はこれをまた買う。絶妙な愛で結ばれた家族間の物語は、好きだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/332-a035e571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。