忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 少し離れた街にある大型古本屋へ赴いた。
 読もうと思っていた浅田次郎の短編集「鉄道員」や村上春樹作品が百円均一の棚に無造作に置かれていて、思わず声をあげて手に取る。その他、文学好きの中年が集うチャットで話題になっていた小説などが安く置いてあったので、嬉々と棚から抜き出す。
 
 もうね、古本屋行ってしまうと、本なんて定価じゃ買えないよね。
 本屋では手に入らないような好評を得ているのに絶版のレア小説とかも、稀に隠れているし。強いて難点をあげるなら、文庫本は棚にずらっと機械的に並んでいて、面白そうなものを逃がすわけにはいないので、それらを一冊ずつ注視することになるじゃない? するとね、目が酷く疲れるの。
 また一つ強いてあげるなら、読書速度遅いから読み終えれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/330-430752fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。