忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
COWBOY BEBOP 1st.SessionCOWBOY BEBOP 1st.Session
(1998/12/18)
山寺宏一、石塚運昇 他

商品詳細を見る
1998年に放送され絶大な支持を受けたSFハードボイルドアニメーション。2071年、ワープ航法が実用化されている時代の太陽系を舞台に、無法者や犯罪者を追うカウボーイ=賞金稼ぎコンビのスパイクとジェット、女賞金稼ぎフェイ、天才少女ハッカーのエド、そして犬のアイン、宇宙船ビバップ号で行動を共にする彼ら一行の活躍を描く。
各話ごとに彼らが追う賞金首たちのドラマを中心に1話完結で展開しつつ、全体を通してはそれぞれの背景に迫る物語が進行、軽いコメディタッチからシリアスまで、幅広くも統一感のある引き締まった出来となっている。また、TVシリーズ全26話のほか、22話と23話の間に位置する内容の劇場用長編が放送後に製作されており、あえて後日談にしなかったところにクリエイターの潔さを感じさせる。(田中 元)

 まったくもって以上の通りのアニメ。
 少し古いけど、カウボーイビバップ全話鑑賞。
 最終話に欝になった。
 およそ楽しげな日々を描いておいて、最後に救いをみせてくれないのか。
 演出、音楽、映像。全話通して、すさまじい完成度。ゆえにラストはやりきれない。色々と。
 主人公らの関係が、絶妙で魅力的。その関係が個人の運命に決して関連されないのが、とても虚しいし悲しい。
 これから映画版みたら、尚更憂鬱になりそう。
 健在だった彼らの日々を再び目にことを考えると、ある種の怖気すら覚える。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/328-8648a640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。