忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
(1996/02)
山田 詠美

商品詳細を見る
 ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ。凛々しい秀美が活躍する元気溌刺な高校生小説。
 一話ごとに主人公の抱く歳相応の世の中への疑問や悩みが、自己解決されてゆくさまを描いて、著者式の道徳や哲学を読者に説いている。といった印象。そして、その道徳や哲学に少なからず偏りがみえるのが残念。偏りのみえる時点で、その道徳や哲学は誤りなわけで、かといって文章の読みやすさ以外に本書に期待できる点がここにしかない以上、僕はこれを安易に人に薦めることもできない。
 例えば僕がいうのも何だけど「勉強よりも素敵なことがいっぱいあると思うんだ」って、まぁそれは別に否定はしないけれど、じゃあその「素敵なこと」を得るには勉強はできなくなるのか、ってこと。教育が義務化されている以上、それを拒む理由はどこにもないんだろうよ日本で。だから、時田君も俺も勉強しといた方が良いと思うよ、どうせ暇だろ。
 とりあえず本書は著者の偏見で出来ている感が否めません。読みやすいし、人物にリアリティはないけど読んでいて楽しめはする。でも共感はできない。
 ちなみに著者は某有名大学出身。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/309-ece39be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。