忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 とある美術教師の離任式でのお別れの言葉。を一部抜粋。


「僕は基本的に適当に生きていますからね。そりゃ、若い頃は絵に対してだけは一生懸命だという自負もありましたけど、最近じゃ、それすらも適当ですからね。まぁ、僕は君たちが獣の頃からこの学校で勤めているわけだけど、ああ獣というのは、君たちが赤ん坊の頃の話ですね。生まれたばかりの子供なんて、その辺に転がっている犬となんら変わりませんから。精神的に。で、僕は君たち獣が、ここまで成長するまでね、長い間この学校で教師をやっていたわけですけどね。ああ、まぁまだ獣のままで、そのまま人生終えそうな生徒も少なからずいますけどね~~」


 みたいなことを延々語る美術教師である。
 僕は芸術の専攻が美術であるので、一年間彼に学んだのだが(ぶっちゃけ、何を学んだか分からない)、まぁ彼はそういう男である。
 一見ユニークな教師だが、どこかそのキャラが故意のようにも思えるんだ。
 そういえば彼は昔「教師は副業だからね。僕にとって」と真顔で語っていたことがあった。
 美術家ってのは、どうしてか世間と折り合いをつけるのが下手な人種が多い。
 不憫とは思わないけど、不便だとは思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
etcカード年会費無料の申し込み  http://fubuki.its-win.jp/ がetcの評判をおしらせ
2008/12/20(土) 22:09 | URL | etcカード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/305-35313a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。