忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2003/11)
西尾 維新

商品詳細を見る
禁じられた一線を現在進行形で踏み越えつつある兄妹、櫃内様刻と櫃内夜月。その友人、迎槻箱彦と琴原りりす。彼らの世界は学園内で起こった密室殺人事件によって決定的にひびわれていく…。様刻は保健室のひきこもり、病院坂黒猫とともに事件の解決に乗り出すが―?『メフィスト』に一挙掲載され絶賛を浴びた「体験版」に解決編を加えた「完全版」。これぞ世界にとり残された「きみとぼく」のための本格ミステリー。
 西尾維新は二作目だけれど、情景の描写に欠け気味の一人称には慣れそうにない。
 さて、ミステリーものの長編は恐らく殆ど始めて読んだと想うのですが、これをはたしてミステリーと言っていいのかは微妙なところかなと思いました。ミステリーというよりも、それに伴う世界観や人物らの心情の変化を描いているようにも思うですが、その心情に違和感を覚えてしまうのです。
 ライトノベルの特色として妥協すべきなのかとも思うのですが、まず人物たちの思考に人間らしさを感じられませんでした。どこか皆、ずれています。その点はまぁ、〝そういう物語である〟と言われると仕方がないと思うのですが、殺人事件に伴って発生する周囲の感情が一般と大きくずれているのに、それをさも当たり前のように、物語が進んでいく光景には、少し戸惑いました。そのため、人物達の展開する哲学にもどこか違和感を覚えます。子供の僕がいうのなんですが、子供っぽいんですね。
 もんだい編、たんてい編、かいとう編、えんでぃんぐの四つの章で構成されているのですが、かいとう編がすごい。故意でしょうし、そういう手法を使った小説は幾つもあると思うのですが、ミステリの醍醐味とも思われる〝真相〟を主観以外の一人称で延々語らわせるのは如何なものなのか。また事件の発生理由や動機は結局曖昧のままで、まぁ明らかになる必要がなくとも問題がないのは事実なのですが、そういう点が欠落しているのはやはり登場人物たちに人間らしさを必要としていない由縁かなと思いました。
 ラストの数行は面白い。とんでもない皮肉。これが皮肉の意図がなく書かれているようなら、逆にとんでもない。……意図、あるよね?

 PS 主観の近親相姦の設定って別になくても良かったんじゃないかな。もっと他の常識的な設定で補えたんじゃないかな。ギャルゲっぽ過ぎて、この本、家でしか読めなかったよ。狙いすぎだって、本当。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/300-f243fce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。