忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I love youI love you
(2005/07)
伊坂 幸太郎、石田 衣良 他

商品詳細を見る
 恋愛には物語がある。初めて異性を意識しはじめたとき、そして別れを予感したとき…。さまざまな断片から生まれるストーリーを、現在もっとも注目を集める6人の男性作家たちが紡ぐ、書き下ろし恋愛アンソロジー。

 伊坂幸太郎/ラノベのような軽いタッチだったけれど、面白かった。改めて思うと複線がわざとくさい気もするけれど、読んでいる最中は気にならないので別にいいやぃ。ラストはわざわざ説明してくれなくともいいやぃと思ったけども。うん、面白かった。
 石田衣良/臭かった。とっても。結構ベタなんじゃないかなと思う。本作の作家陣の作品と比べると少し色褪せてみえたかも。過去に彼の恋愛短編集読んだせいだけとは思えない、この感覚。
 市川拓司/読んでいて楽しめたよ、まぁ。でもこれ、結局中身がないように思うんです。
 中田永一/覆面作家、乙一という噂があるけれど、なるほどと思った。作風や主人公像や無駄のない描写があまりに白の乙一。例の切なさもまるで似ていて、ゆえに面白かった。
 中村航/こういう男女関係って良いなぁと思った。でもこれ恋愛小説なのかしら。男同士の友情のような描写が多くて、読んでいて、いいなぁと思った。好き。
 本多孝好/著者の描く人物同士の出会いのシチュエーションが好き。歳のせいかリアリティがみえなかった。一概に小説にリアリティは必要と思わないけど、この手の話には必要だろと思う。感性の違いといわれると、それまでだけど。
 余談だけど、この本を学校に持ち歩くと周囲の女子から冷やかされるので注意。「愛に飢えているの?」の問いに対して「いえす」以外の何を言えと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/297-cee3255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。