忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 友人がビリヤードをしたいということで朝から隣町へ赴くが、目的の店がどうやら開店時間前らしく、お互いに午後から用事のある我々はあえなく古書店で時間を潰す。
 午後から某アニメショップのある町に訪れ、先日NHKの番組で桜庭一樹がゲスト出演していたので、彼女の作品を探すも、それ以前に成田良悟の新作を発見してしまい、財布が乏しい俺は店内を浮遊しながらどちらに手をとるか悩み、そこで現在同時進行で三冊の小説を読んでいることを思い出し、未購入だったコミック未来日記を一冊買って早々にその場をあとにした。あの空間に孤立無援で長時間在るのは中々大変なのだ精神的に。
 
 ふと気づいたのだが、もう今学年は残すところ実質十日程度しかないらしい。
 年の節目節目に「あっというまだったねぇ」と感慨の言葉を漏らして生きているうちに、本当にあっというまに死まで到着してしまいそうである。生物って案外切ない。
 参ってしまう。とても。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/295-710c219c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。