忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る
鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー!
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!

 これは愉快。
 その独特な文体と、独特な世界観と、独特な人物達のマッチは秀逸。二視点での一人称という形での進行が、この物語の魅力を尚引き立たせる。こういった古めかしく綴られた文体で、奇妙でユニークな、しかしどこか暖かさのあるストーリーを織り出すというギャップが面白い。極端に抽象的な印象を述べるなら、ジブリで今敏にアニメ作らせた感じ?
 こういう文体で現代ファンタジーのような小説が書かれているわけだから、少なからず肌に合わないという人もいるだろうなぁとは思いました。レトロな文体なのに、現代ファンタジーというギャップに、大抵は惚れると思うのだけど。
 アマゾンレビューで幾つか目にしたのだけど、確かに余韻はない。というのも、主観が読者に語りかける場面があるため、読者がこれを一つの純粋な物語としてみることが出来なかったり、心理描写に深長さがないから感情移入することが出来なかったりという理由からと思う。断っておきたいのは、勿論それが汚点ではなく、これはこういう形を前提とした物語だというです。
 森見さんは初見ですので、近々他の作品も読みたいと想います。楽しめた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/281-de5c81dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。