忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、自分は放課後睡眠不足を危惧して早々に帰宅しました。
 級友たちはその後、カラオケへ向かったようですが、そこに他クラスのシマ君も含まれていたようです。
 翌日、つまり今日、そのカラオケに参加した級友等から、携帯で録音したらしい音声データを貰いました。
 聞きました。
 シマ君の声でした。
 笑いました。
 〝音痴〟の意味を始めて知った気がしました。 声の抑揚が一切曲調を意識していないんだよね。
 とりあえず、何かの言葉を叫びながら、偶然にもその後ろで音楽が流れている。って感じなの、彼のカラオケは。すでにBGMを無視しているわけ。
 もう何の歌か分からない。
 明らかにオリジナル。
 聞くところによると、ミスターチルドレンというアーティストの曲らしい。
 有名どころだから、僕にも聞き覚えくらいはあると思うのだけど、一切それが認知できなかった僕は、でもきっと何処にも異常はないはず。
 とりあえず、今日の学校生活は終始皆でそれを聞いては笑っていました。
 どんだけ暇なんだとか思われるかも知れませんが、例え多忙でも合間をみつけては聞きたい歌声なのです。 
 幾度も聞き続けていると、これは前衛的な歌唱方法で、実は僕らの理解を超えた素晴らしさを秘めているのではと本気で疑えてくるから不思議です。
 
 今度ぜひシマ君に同行してカラオケへ行きたい。
 二曲目くらいまでは笑ってられると想うけど、三曲目入った辺りで、思わず殴ってしまいそうな気がする。


『まわりぃまわりまわぁりぃい、まわってぇえええ    悲鳴じゃねえか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/267-7fe2f1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。