忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 長期休日には決まって生活パターンが乱れる。朝と夜とが逆転する。
 なのでブログ更新を午前五時に行っている俺は、別に早起きの成した結果じゃない。
 
 とりあえず、体感時間の今日、世間でいうところの昨日は午後に起床してすぐに、家の屋根の雪下ろしを強制された。
 ショベルカーの本来雪や土などを入れるバケツ部分に乗っけられ、家の屋根まで移動。まぁハシゴよりは安定感がある。装備はスコップと手袋。一時間後に後輩とスポーツセンターの筋トレ室で運動に励む予定でいたので、三角屋根の上をスコップ片手に時間を気にかけながらの悪戦苦闘。
 運動不足解消の約束のために、運動に励む皮肉。
 屋根の斜面の滑り止めになり自分を支えてくれていた雪を、自らの手でスコップで払いのける皮肉。幾度足をとられたことか。
 事後は久しぶりに何かを成した爽快感から、バイト代という名の小遣いを拒否した。慈善行動からでの爽快感であり、そこに金が介入してしまうと、その爽快感は喪失するんだ。

 冬休み限定のバイトの帰りである他校カカシ氏と合流して、スポーツセンター。(冬は野球部休部のようで、学校側が休暇中のバイトを義務にしているようだ)
 郵便局でハガキを届けるために制服を着て町を徘徊しているらしい。隣町で。その姿を想像しただけで笑えるので、ぜひ肉眼で確認したいところであったのだが、定期切れているので密かに断念した。
 帰りに図書館寄って、中学時代の数学教師の三歳位の息子さんに萌えるも、なぜか泣かれて、まじで凹んでいると気が変わったか帰り際笑顔で手をふってくれ、今日も俺はどうにか生きていけそうだ。
 冬休み初日はそんな感じ。
 二日目スタート。寝よう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/245-8b549c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。