FC2ブログ
忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
波のうえの魔術師波のうえの魔術師
(2001/08)
石田 衣良

商品詳細を見る

あやしげな老紳士と就職浪人の青年が手を組んで、預金量第三位の大都市銀行をはめ殺す!知略の限りを尽くした「五週間戦争」の果てに待つものは…。すべてが市場化する世界を、精緻に痛快に描き切る新世代の経済クライムサスペンス。

久しぶりの石田衣良、随分前に買って放置していたものに、ようやく手が届きました。

 随分前にドラマ化もしているようですが、自分にドラマの習慣がないせいか、そちらの方は観た覚えがありません。
 この手のお話は通常、読む上で株式などについての予備知識がある程度必要だと思うのですが、この物語においては予備知識はさして重要ではない気もします。現に自分も株云々に関しては学校の授業で少し触れたくらいで、無知に等しいのですが、十分に楽しめたくらいです。それというのも、本書は著者の作品の傾向に習って、「青春小説」であるからと思います。小難しいことを合間に語っているも、経済を扱った「青春小説」に過ぎないんですね。
 人物各々に与えられたドラマや、最後の最後までの展開、著者らしい青春小説でした。私的に欲を言えば、主人公の人間関係面で、もう少しすっきりさせて欲しいところはありました。
 
 でもやっぱり、予備知識があるとないとでは本書の楽しみ方が大きく異なるのかも知れないね。その辺の知識は自分には恐らく今後もあまり縁のないものだろうけれど、もう少し年取ってから又手にとるのもいいかも知れないね、うん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsuiti108.blog55.fc2.com/tb.php/241-483dc2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。