忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小説や映画の制作について興味を抱いてしまうと、それらをただ純には楽しめなくなるし、純に楽しむことすら間違いになる。
 制作者側の視点でそれらを鑑賞するということが、重要になるからだ。自分ならこのような素敵な展開を発想することが出来ただろうか、自分ならこのシーンをこのカットで撮影するという発想が出来ただろうか、自分ならここをどう描写するだろうか、自分ならこのシーンをどうカットするだろうか。そういった思考を常に持って、物語に接するのが無意識の作業になるし、大切にもなる。曲がりなりにも生産者を夢みるのなら、純な消費者としてそれらを馬鹿正直に楽しんでも建設的ではないし、意味がない。それでは永久に消費者のままである。ゲームをするのが好きだからゲームを作るのが好き、という発想は安易だし愚かだし理由になっていない。
 物語が生む感情には必ず理由がある。読後や鑑賞後に伴う好感や嫌悪感や幸福感には、発生理由が必ずある。理由があるのならそれらを理論的に文章に起こすのは可能であるし、文章に起こす必要はなくとも、どういった理論の上で成り立っているのかを理解する必要がある。理論を理解することは生産者の武器になるからだ。極稀に、自然に思うがままに制作して、多くの感動を得る作品を生むことの出来る時や人が在るが、それらは時の運や一部の天才の持つ希少な事象に過ぎない。仮に自らにその才があると自負する者がいようと、生産者を目指すのなら物語を構成する理屈を理解するに越したことはない。理論的に解釈しながら物語に親しむことが、物語を楽しむことに繋がらないというわけではないので、なにかを犠牲にしているわけでもないし。
 〝面白い〟と万人に判断される物語を生むことは、生産者にとっても幸福だと思うし、その幸福に繋がる作業を生産者志望が苦に思うわけもない。少なくとも、僕のような若輩な現段階で。
 だから僕は生産者側と消費者側の視点を出来る限り両立して、物語に親しむように心がけている。心がけているようより、無意識の作業になっている。しかし、勿論これはなにも珍しい行為ではない。特に現在の日本の若者の結構の数が、そういった考えで物語りに親しんでいるはずである。この世界は近年あまりに競争率が激しい。

 あ、ちなみに自分はそういった類の生業で飯を食おうなんて甘いことは思っていないし、そこまでの気力も初めからないです。クリエイティブな副業、が最も理想的っすよね。もっと理想をいうなら、働いたら負けだと思っている、と胸を張って言える立場になりたい。
スポンサーサイト
 嗚呼、僕らの幸福は最も身近で、遥か遠く離れたところにあるのだった。
 手を伸ばしても届かず、しかし伸ばさずとも、そこにあるのだ。
 いくら懇願しようと注視しようと、しかし決して目には映らず、しかし常に僕らの視界に映るのだった。
 それは常時そこにあり、しかしおおよそ僕らに触れることは叶わない。
 嗚呼。人生は短く、しかし厚く、また太く生きよ。
 それを幸福でなくして、なんと呼ぼう。

 人は誰しも幸福を求めています。
 幸福という光景が誰しも愛おしいはず。
 つまり、それを描いた物語を、きっと大衆は好むわけで、だから僕はそれについて描き続けよう。
 大衆を意識してのことでなく、僕がただそれについて描きたいから。
 描いた世界を妬ましく、あるいは滑稽に思われても不本意なので、平凡に垣間見れる幸福を描こう。今は。

 うん。なんか宗教勧誘みたくなっちゃった?

 懐かしいものをみた。
 そして、これは面白い。
 後半がすげぇ。
 作者を知りたい、これ作っても利益ないだろ。
 無意義だけど結果を残す労働に励む人って、馬鹿だから素敵。



 ↑ついでに、いつかのこれも。
 当時地上波で深夜放送されていた頃は、毎週一人でアクエリオンの鑑賞を楽しみにしていたものだった。(最終回に近づくにつれ、作画?が明らかに変わることが目立ち始めたのを覚えている。あれは酷かった)
 OPなんて、録画したものを繰り返して聞いていた覚えがあるよ。
 あの頃は、学校で創世のアクエリオンを口ずさんでも、殆ど元ネタを知っている者はいなかった。

 それが今頃、映画化やパチスロ化に伴って、頻繁にCMで例の神OPが流れる始末。
 嬉しくはあるのだけど、同時に自立した子供を想う親の心境に近い喪失感のようなものもこみ上げてくる。
 
 ・・・・・・。
 あっいしってるううぅぅぅぅううぅぅぅぅううぅぅ!
(go tightはいつ流通するの?)



↑外道。


 なんでこうやって、社会に貢献する気すらないような人間の向上意識の可能性を抑制するような歌を作るかな。
 引篭もりたくなるじゃないか。

 蛇足だけど、初音ミクというと、こういうニュースもあったよね。
 仮にハリウッド並の予算での制作だろうと、スピルバーグ並の幼女キャスティングセンスを持った者が監督担おうと、決して実写化してはいけなかったネギま!の実写が深夜番組として実現してしまうわ。
 猛暑続きの夏を終えたかと思うと、すぐに雪が降ってくるわ。
 到来した寒さを思うと、最近始まった体育の薄着での柔道を憂鬱に思うわ。
 自信満々に負けたら切腹と明言し再び八百長を予想させた亀田は、惨めにも反則負けしライセンス剥奪されるわ。
 コミック〝みなみけ〟は、いつの間にやらアニメ化しているわ。
 
 
 たとえ世界を轟かすには程遠く小さな現象であったとしても、人一人の精神を揺さぶる程度の現象は、年中無休に無数と存在し続けているよね。
 そう思うと、生きるってのは結構面白いものなのかも知れない。
 ・・・・・・と、まるで自殺願望を持っていたかのようなことを言ってみる。
 登別あたりの良い空気醸し出した人知れぬ旅館を一人で、低予算旅行して回りたいと、ふと思った。

 でも、きっと道中いつか虚しくなるだろうと思ったので、一人友人もつけたいと思った。
 
 道中での仲違いを考えて、連れは割合気の小さい、何事にも大概妥協できる人材が良いと思った。

 仮にそんな友人がいても、俺には機会も金もないなって思った。

 でも、妄想って大切だと思うの。
 〝妄想〟だって、少しでも現実味を帯びれば〝夢〟とも言えると思うし、夢がないと人間やってらんねえし。

 だから、俺は将来、年をとらない可愛い嫁さん捕まえて、年をとらない双子の女の子を生んで育むよ。
●ルール。
回してくれた人から貰ったお題ぉ【】の中に入れて答える
それだけッッ


……ってことで、黒猫氏から一方的にバトン貰ってきたよ。
やることもないし。



●お題【学校】
一日の半分をここで過ごしていることを考えると泣けてくるね。

●最近思う【学校】
この年代の女子って内面的な魅力を持っている人が少ないよね。なんというか、個性がみられないんだよ、人格というか言動というか、そういうものが似たり寄ったりで。表面上での付き合い、つまり馴れ合いみたいなのを皆が好む傾向があるせいだと思う。

●こんな【学校】には感動
学校といっても、それを構成するのは人間即ち生徒だしね。性格の良し悪しはいいとして、とにかく根性の曲がってない奴ばかりで構成されている学校での生活は純粋に楽しめると思うよ。

●直感的な【学校】
ちっちゃな社会? 小さいだけあって良い傾向も悪い傾向も極端だよね。

●好きな【学校】
もちろん一概には言えないけど、やっぱり勉強出来る奴は教養や言葉を持っていて、会話する上では楽しめるよね(俺は学力も教養も言葉もないけども)だからといって、遊ぶことを知らないようなガリ勉君には、見事なまでに人間的面白味がない場合もあることを知っています。
要するに、何事も適度なレベルにある人材の多い学校が好ましいと思うの。

●この世の中に【学校】がなかったら?
文明も歴史も途絶えて、野生化するんじゃね? 医学の消滅により平均寿命も落ちると思うし、とりあえず教育施設が普及されていない時代にタイムトラベルした感じになんじゃね?


ふー、こんなところかしら。
共学で、公立っていうのが前提のこともあったかも知れません。
テーマが教育でなく学校だったので、ゆとり云々とかについては触れません。触れてもまとも語れないし。
回す気はさらさらなし。
 勉学が習慣化されていない学生の私にとって、日々は暇だ。
 やることがないからだ。
 特に、放課後どこにも寄らずに帰宅した平日ほど、暇なものはない。
 こうしてネットに浸るのにも、限度があるし、未だ鑑賞していないDVDも多数あるが、それを見る気分にもなれない。
 読んでいない本を読む気にもなれない。
 欝といえるほど大層なものではなく、五月病のそれに近いのかも知れないし、まったく近くないのかも知れない。
 こういう場合はどうすればよいか、悩んだ。
 悩んで、悩んで、いつしか暇を潰しために悩んでいる状態になった頃、それの答えをみつけた。
 考えてみれば、私はそれをする時間を強く欲していたし、それを何より愛していた。
 それを暫くの間欠いていたため、死にそうになったこともあった。
 暇なときこそ、それに使うべきなのだ。
 私はこれで、十二時間以上の暇を潰す自信がある。

 よし、寝よう。
 高校入学までもう間もない。
 僕らの新生活はすぐそこまできている。私は考えた。どうすれば高校生活とは豊かで優雅なものになるか。私の知る限りの美しい高校生活を送っている人間を参考に考えた。キョンである。涼宮ハルヒのキョンである。彼の日常生活は素晴らしい。日常的で、しかし非現実的な毎日。豊かな美少女たちに囲まれ過ごす日々。そういった生活を私は望んでいるのだ!!!
 では、キョンと同じ生活を営まなければいけないわけだ。流石に世界の中心である美少女の前の席にそう都合よく着席出来るはずもないだろうことは予想がつく。そもそもクラスに「ただの人間には興味ありません。宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら私のところに~」などと自己紹介でほざく人材がいるはずもない。では、どうやって私はキョンに近づけばいい? 簡単である。
 部活を作るのだ。
 とんでもなく無意義で、方針不明な部活を作るのだ。そう、キョンのとある周辺の人物がそうだったように、部活動を作ればいいのだ。同窓会でも、団でもなんでもいい。学校公式の特定の集団を作れば、美しい生活が私を待っているはずなのである。
 つうことで、いくつか候補あげてみたよ。



■ネガティ部=活動方針・将来設計。想像し得る最悪な将来を予想し、それを回避する方法を部員皆で考えるが結局みつからず鬱になる。それだけ。

■ポジティ部=活動方針・将来設計。想像し得る最高の将来を予想し、そうなった環境を生きる自分の姿を部員皆でイメージし満足する。それだけ。

■クリエイティ部=活動方針・創造。文章、映像、オーディオドラマ、漫画などストーリー性のあるものを片っ端から作ってゆく。文芸部や映像研究部などなんでもありの最高の集団。マジでこれはいいと思う。

■虚現実部=活動方針・暖かい精神を養う? 天体観測や美しいオカルト話を片っ端から実行する。とりあえず、事実はどうあれ美学を感じられるなにかを皆でやる。いつかそんな自分が好きになれるはず。今の世の中には絶対必要だと思うよ、これ。



 まぁ、ざっとこんなもんですな。
 帰宅部決定、バイト生活謳歌~~~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。