忌わしき現実から、楽市が勇ましく逃避する日々を、綴る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで自分を恋愛対象としてみてくれた、数少ない異性は皆、眼鏡をかけていた気がする。
これまで自分の容姿を誉めてくれた異性は、皆老人で老眼だった気がする。



みんな。
著しく低下した視力で僕をみてください。
スポンサーサイト
 もう、たまにパソコン開いてみるとこれだ。
 一瞬にして、時間が消えてうせる。
 
 さて、久方ぶりのブログですが、スパムコメントやらなんやらのおかげで、すっかり荒れ果てているようだけど、面倒くさいのでそれらを削除する気にもなりません。同じバイト先の同級生が尽く赤点とってくれたせいで、そいつのシフトがすべて俺に転がってくる不運。消えて亡くなる時間。そりゃね、莫大な時間があってはいけないとは思うよ。余裕があると逆に動けなくなるから。ある程度、時間を潰して自らを追い込めば、そのぶん動けるわけ。でもね、動く時間すら失うほど時間を潰してはいけないよ。そりゃ本末転倒だよ。
 抽象的な物言いで何言いたいのか分からない難いかもしれんけど、ここはそういうところだよ。だから何の問題もありません。

 さて、修学旅行が近い。
 旅費に約十万。小遣いに約五万。
 たかだか三日だか四日間の間にそれだけ費やして、一体俺は何を学んで帰ってくると思う?
 確かに適度に楽しく適度に何かを学ぶのかも知れない。そういう可能性は確かにあるのかも知れない。
 でもそれは、はたして現金十五万に値するのだろうか。
 そこでうんと頷く奴は、稼いでみせろ。
 十五万あったら人生変わるよ。
 十五万あったら地域によりゃ、数百人の命は救えるよ。
 俺達の四日間は、はたしてその金額に見合うかな。
まぁ、地元でレジうちしてるわけなんですが
まぁ、田舎なんで利用者の年齢水準高いわけなんですが
まぁ、年寄りっつうとジェネレーションギャップは別として、意外性のある言動行動をしでかしてくれるわけですが

今日の酷かったな。
明らかに、漏らしてたもん。
うんこ。
滅茶苦茶、うんこ臭かったもん。あのお客さん。
うんこはなぁ、……いかんよなぁ。
 ネット復活です。知り合いのパソコンの詳しい方にすべて解決させて頂きました。
 二ヶ月ほどネット生活から離れたわけですが、僕は気づきましたよ。
 今の僕に、ネットは必要ない。
 結局人生とは時間です。なにかを得るには、基本的に努力が必要だし、それに伴うのは絶対的に「時間」なのです。なにかを得たければその分、時間を費やさなければいけないわけです。
 つまりっ、向上を望む人間は効率よく有意義に時間を扱う必要があるのですっ!
 今の僕に、ネットは必要ありません、基本的に。それよりも優先して行うべき物事があるからです。

 だからって、引き続きネット習慣絶つってことはないけどね。うほっ

 さて。

いちご同盟 (集英社文庫)いちご同盟 (集英社文庫)
(1991/10/18)
三田 誠広

商品詳細を見る
TVピープル (文春文庫)TVピープル (文春文庫)
(1993/05)
村上 春樹

商品詳細を見る
空のオルゴール (新潮文庫)空のオルゴール (新潮文庫)
(2005/01)
中島 らも

商品詳細を見る

 最近読んだ本です。他にもなにやら読んでいた気がしますが、僕の記憶から抜けているということは、ここに記載するまでもない書物だったってことでしょう。
 レビューしたいところだけど、面倒なのでやめます。



 昨日は友人六人と山へキャンプ。森で拾った木々や岩で炭火焼。
 二十箇所以上、蚊に刺されて帰ってきました。夏休みらしい行事は、これで最後でしょう。
 あとはバイトと勉強と友人との雑談で、夏休みを終えそうです。
千葉・東京から帰宅しました。


別に遊びにいったわけじゃありません。娯楽施設なんて一切寄ってないもの。つまり旅行じゃないです。
ともかく、向こうは湿度が酷い。不快指数が高くて、クーラーがないとやってけませんね。道内もわりと暑いけども湿気がないぶん、ましです。
多大な疲弊を伴う三日間でした。多様な人間と出会った三日間でした。わりと刺激的な三日間でした。あえなく学校の夏季講習に不参加となった三日間でした。


さて、わざわざ気も乗らないのに羽田まで赴いた訳は、明かしません。
そうすると、ミステリアスな雰囲気が僕の魅力を引き立たせるからです。
中古でベルセルク全巻。

村上春樹作品を中古で何冊か。

ネット環境。

小金。

堅い意思

十分な睡眠時間。



愛。 は、別にいらないか。
なんだかんだで最終更新日から十日も経過してるではないか。
あれから、学祭、バイトと小さな波乱万丈、エピソードなどを経験したが、未だに携帯からの更新なので省く。ネットを直すにしても、多忙な日々が続き時間が作れないでいる。去年までの一年間サボっていた身から出たサビではあるが、今頃勉強を意識してきたため、自学習にも時間が割かれてる。
しかし、多忙とはそれが本意であれば充実を指す。去年一年間を眠って過ごしていたかという程、今の自分は割と充実した日常を送っている。

ただ読書と映画鑑賞……。この時間は確保したい。
更新が長らく滞ってますが、面倒・億劫・無気力などの要因も多数あげられるものの、最大の要因はやはり多忙のためかと思います。
多忙ゆえに、パソコンを修理に出す暇もありません。生徒にも近隣住民にも望まれていないのに、学校祭を開催すること自体が誤りだと断言します。政治家になって日本教育を見直してやろうとか妄想してまうくらいです。
学祭、バイト、今更始まった勉学などに板挟みにあい、多忙を極めています。
およそ身から出たサビではあります。
2ヶ月?ほど前に受けたバイトの面接だが、今頃になって連絡がきた。とりあえず、今日は研修へ赴いたわけだけど、地元でのレジ打ちなので特別新鮮さがあるわけではない。
ただ改めて気付かされたことがある。
町民AやBも、多少の波乱万丈、絶望や歓喜を乗り越え感じながら生きているのだ。普段スポットを浴びることのない彼らも、しかし世話しなく働いているのだ!
実に常識的なことだけれど、これを実感するのは結構難しい。自らもスポットの当たることのない位置に立たなければならないからだ。


さて、パソコンを業者にみせる機会がありません。一体いつネットが使えるのやら。。。。
未だにネットが繋がらない。とりあえず、自力で出来るだけの対処はした。友人呼んで、他力でも出来るだけの対処はした。もう業者を呼ぶ他にないらしい……。
ときに最近天災が頻発している。つくづく俺たちは奇跡のような環境で生きてるんだなと思う。
自然に生かされ、自然に殺されてゆくんだなぁ。

最近、いくつか良い映画をみた。うん、それだけ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。